本文へスキップ

公益社団法人 あゆみの箱

TEL. 03-5721-7220

    東京都渋谷区恵比寿南3−1ー20 三王ビル5階

募金活動のはじまり

あゆみの箱 事業方針

 あゆみの箱は、社会福祉に関心を持つ人々を中心に、映画・演劇等の文化活動を通じて広く国民の協力をえて、乳幼児・児童・心身障害者・老人等の福祉の増進を図るとともに我が国の社会福祉事業の発展に貢献することを目的とします。


募金活動のはじまり

伴淳三郎      募金箱       森繁久彌

創設者 伴 淳三郎                        永世名誉会長 森繁久彌

 昭和38年当時、ワクチンの不足から全国的に小児麻痺が大流行した頃、映画
監督の川島雄三さんが小児麻痺の後遺症で急逝されました。川島さんと親交のあ
った俳優の故・伴淳三郎さんは、川島監督に教えられていた心身障害児施設を訪
ねました。そこで伴さんの目に映ったのは小児麻痺に苦しむ子供たちの姿でした。
伴さんは「小児麻痺で苦しむ子供たちに光を当ててあげよう」と川島監督の墓前
で誓いを立てたのです。
 同じころ、家族で募金活動を続けている俳優がいました。故・森繁久彌さんで
す。同じ仕事先で話し合った二人は意気投合し、手を取り合って奉仕活動を始め
ることになったのです。さっそく、大道具さんに撮影現場の残り木で募金箱を作
ってもらい、役者仲間と、劇場や街頭、ロケに行く列車の中で募金を呼びかけた
のが始まりです。
 昭和40年春、伴さんと森繁さんはフジテレビの「小川宏ショウ」に出演し、
募金が700万円になったこと、その募金で歩行器を購入し、全国120か所の
施設に寄付することを発表しました。 募金箱の名称は、「この募金箱によって
手足の不自由な子どもたちが歩めるように」との思いを込めて「あゆみの箱」に
決定したことも発表し、その字体を公募しました。その結果、全国の応募の中か
ら選ばれたのが今の字体です。
 それからのあゆみの箱の活動は日本の社会に「障害者福祉」という大きな問題
を提起しながら一大旋風を巻き起こしました。募金は、全国に先駆けて東京都の
募金許可団体第1号となりました。
活動は国内にとどまらず、ブラジル・ハワイなどで現地の日系の方々の協賛
を得てチャリテイショウが開催されました。この浄財で、東京都世田谷区三宿
の重症心身障害児センター、福岡県筑前町に心身障害児療育施設やすらぎ荘の
建設に寄与できました。


今までの主な活動

1963年
12月23日「社団法人あゆみの箱」発足              
伴淳三郎・森繁久彌・水谷八重子・秋山ちえ子の4氏が常任理事に選任されました
山本正事務局長・伊倉栄一・鈴石隆芳・柴田正彦・中村光邦・野田洋典・安田朝子門多南海子・鴨下知恵・岡崎宏三・牧野英資で出発しました。         
1966年 
東京都世田谷区三宿の全国重症心身障害児センターに建設資金を寄附をしました。
1971年
福岡県夜須町に心身障害児保養所・やすらぎ荘建設
2009年
車椅子清掃事業をはじめました。
2011年
東日本大震災により街頭募金を月1回のペースで行ない、被災地への寄贈しました
 12月21日 「公益社団法人」の認定を得ました。           
これにより、2千円以上の寄付をされた方に対して所得控除が認められるようになりました。             
     

バナースペース

公益社団法人 あゆみの箱

〒150-0032
東京都渋谷区恵比寿南3‐1‐20   三王ビル5階

TEL 03-5721-7220
FAX 03-5721-6826